第二新卒可の美容部員求人

美容部員求人TOP >> 条件別の美容部員求人 >> 第二新卒可の美容部員求人

第二新卒可の美容部員求人

第二新卒とは、一般的に学校を卒業して一旦就職したけれど、短期間(数か月〜3年)のうちに離職し、転職活動をする若手求職者のことで、第二新卒者とも言います。毎年発表している厚生労働省の大学新卒者離職率統計によると、3年以内に約3割が離職しているとされています。背景には、不況下で採用数が減少している中、短期化する就職活動で自分にうまくマッチングする企業に出会えない、なかなか採用に届かず内定したところにすがってしまわざるを得ないという実情があります。

優秀な人材だが就職先と合わなかったために離職した、という場合もあるわけで、その入社意欲の高さや能力開発の余地の大きさから、近年では企業における第二新卒者の採用ニーズは高まっています。キャリアのある転職希望者に比べてまだ若く、特定の企業文化の影響を強く受けていない、一方で社会人の経験がある分、新卒者に比べビジネスマナー等を身に付けている、などという点も期待されています。

美容部員の求人を行っている化粧品メーカーや百貨店、ドラッグストアなども同様に、第二新卒歓迎、と文言を入れるところが増えてきました。ただ、メーカーは国内大手、海外ブランドともに、正社員での募集は大変少ないのが現状です。ブランドにこだわらないのであれば、第二新卒で美容部員を目指すのはそう難しくないはずです。新卒採用の場合は、学歴に関して言及しているところが多いのですが、第二新卒を含む社会人の中途採用の場合はあまり触れていないように見受けられます。

第二新卒の美容部員が採用する側から求められていることは、他企業と同様、新卒者と同じくらいの若さがあるが社会人経験もあり、成長の可能性が高いこと、新卒者以上にストレス耐性が期待できることなどです。同時に、若くして職歴があることで精神的未熟であるとも見られがちで、選考時には離職の理由を詳しく聞かれることが多いです。このあたりは自分の中で整理しておく必要があります。キャリアアップを望んだのが離職の理由ならキャリアアップしたい動機、前職での不満ならその不満の原因を、しっかり言葉にしておきましょう。

第二新卒で美容部員を目指すのであれば、第二新卒に的を絞った転職エージェントに登録するのも近道でしょう。「第二新卒だから採用したい!」という企業が多数登録しているので、自分とマッチしたメーカーや販売店が見つかる可能性が高い上、キャリアアドバイザーが就職活動をサポートしてくれる安心感もあります。

美容部員の求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 転職可能エリア 詳細
リクルートエージェント 全国 詳細

TOP

美容部員の転職の基礎

条件別の美容部員求人

人気メーカーの美容部員求人

求人が多い地域の採用情報


Copyright (C) 2014-2017 美容部員求人ランキング【※正社員の採用先が見つかる】 All Rights Reserved.