美容部員求人ランキング【※正社員の採用先が見つかる】

美容部員の求人はどこで探せばいい?

化粧品の販売員を指す美容部員は、デパートの化粧品売り場をはじめ化粧品メーカーやドラッグストアなどさまざまな場所で活躍できる仕事です。センスを活かして働くことができるのも魅力の一つですね。

リクルートエージェントなら、そんな美容部員の非公開求人も多数取り扱っていますので、自分の希望条件に見合った求人がみつけやすいです。もちろん登録・利用に一切費用はかかりません。

美容部員の求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 転職可能エリア 詳細
リクルートエージェント 全国 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
リクルートエージェントは大手の求人サイトですので、豊富な求人からあなたに最適な美容部員の求人を見つけることができるでしょう。転職のプロがあなたをサポートしてくれるので、とても心強いはずです。美容部員の内情に精通しているアドバイザーがいるので、安心して転職活動を行うことができます。リクルートエージェントの場合、グローバル時代に活躍できる転職にとりわけ強いので、外資系ブランドの美容部員の求人も豊富に取り扱っています。


マイナビエージェント 全国 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
マイナビエージェントは美容部員の非公開求人を取り扱っているので、自分の希望する条件にぴったりの求人を見つけやすくなっています。とりわけ大手であるマイナビが運営している求人サイトですので、使い勝手も非常に良いです。年収が高めの美容部員の求人も取り扱っているので、高い収入が希望の方にもおすすめです。転職に強いサイトとなっているので、これまであなたが経験したことを活かして、より良い条件の求人に応募することができます。


type転職エージェント 東京・神奈川・埼玉・千葉 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
Typeは年収をアップできるような転職活動を応援してくれています。今現在の年収に不満があり、美容部員として転職したいとお考えの方ならきっと満足できる転職活動を行うことができるでしょう。領域別の専任アドバイザーがいるので、もちろん美容部員の転職活動にも強くなっています。業界、職種ごとの専門知識が豊富で、経験値が高いアドバイザーが多くなっているのが、Typeの特徴です。


DODAエージェントサービス 全国 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
DODAではとりわけ登録することによって見ることができる非公開求人の数が、とても多くなっています。全求人にはほんの一部しか掲載されておらず、美容部員の求人の中でも好条件なものが非公開となっています。登録することによってその非公開求人を見ることができるので、より選択肢の幅が広がるでしょう。美容部員の求人が出ると人気があるので、すぐに定員に達してしまうこともありますが、DODAに登録しておけば見逃す心配もありません。


キャリコネ 全国 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
キャリコネは転職の御祝い金をもらうことができるというのが大きな魅力でしょう。それだけで美容部員の転職をキャリコネに任せてみようか、と思われる方も多いかもしれません。美容部員の求人をキャリコネで行う場合、時間を短縮して求人の検索を行うことができたり、面接のコツなども教えてもらうことができるので、第一志望の求人に応募して、内定をもらえる方が多くなっています。企業と応募者のミスマッチも少なく、安心して利用できる求人サイトです。


美容部員の求人の最新情報

美容部員とは、各化粧品メーカーの販売員を指しています。「ビューティーアドバイザー(BA)」や、「ビューティーコンサルタント」などと呼ぶメーカーもあります。主な仕事として、顧客への肌アドバイスや、新商品の案内など接客・販売が主になります。その他、雑誌で掲載されているようなトレンドの化粧法を紹介したり、アイテムの効果的な使い方なども教えるお仕事です。

多くの化粧品メーカーの求人事情を見ると、キャリア形成のため新卒採用を行い、人材を育てる方向性が強いのですが、各店舗での購買層、百貨店での客層などを見据え、新卒ではなくミセス世代の転職希望者を募集する傾向が顕著になってきました。販売業経験者や美容業界・化粧品メーカー勤務経験者を中心に採用することが多いのですが、業界未経験者でも採用可能な企業も増えてきています。また、雇用促進の観点から、正社員採用を行うケースも増加傾向にあります。採用年齢はキャリア形成を見据えている場合は、20代後半から、30代前半までを採用条件にしています。もちろん、老舗百貨店などの勤務が決まっている場合は、購買層に近い年齢の販売員を採用することもありますので、転職の際の年齢はあまり関係なく、転職する先の職場によって変化すると考えて差し支えないでしょう。もちろん、企業名を問わなければ、50代以降でも働ける美容部員としてのフィールドは存在するので安心して転職活動をしてください。

ただし、転職者でも美容部員として各店舗で採用後すぐに働くことはできません。数ヶ月ほどの研修を経てから配属されることが殆どです。中には研修中に、美容部員としての水が合わずに辞めていく中途採用者もいるほどです。転職を希望する際には、自分がよく知る化粧品メーカーの求人を探したり、事前に情報収集したりと、下調べが重要課題となるでしょう。また、化粧品メーカーによっては、体型・容姿・肌質など一定の美容基準が求められます。美容部員は、「化粧品メーカーの顔」と呼ばれる存在にも値しますので、肌質を改善し、キレイな肌をキープする努力や、お客様に一番触れる手先・指先をキレイに保つ努力も必要です。面接の際には、手先も見られる場合がありますので、転職を意識した時から、ハンドケアもフェイシャルケア以上に入念に行いましょう。

化粧品メーカーの美容部員としての中途採用・転職などの求人情報は、マイナビなどの転職支援サイトを利用すると便利です。

美容部員の採用基準

「美容部員として化粧品メーカーへ転職したいけれど、採用基準に満たなかったらどうしよう」と、多くの方がこのことに関して悩まれるようです。採用基準といえば、容姿や身長というような美容に関する面や学歴などがイメージされるようです。転職者専用の求人サイトを見ても、採用条件に関して詳細な記載は殆どありません。まずはエントリーシートに必要事項を入力してweb応募をすることや、履履歴書を指定先に送付するというような内容が目立ちます。

もちろん、化粧品メーカーの採用基準に関しては秘密事項であることが殆どです。公開することもありませんし、万一書類審査の時点で落ちた時も「採用基準に満たなかった」という理由も明示しません。諸説さまざまですが、「採用基準はあってないようなもの」と広い心で構えるのが良いようです。学歴に関しては、高卒・専門卒以上が基本だと捉えておきましょう。

先述「採用基準はあるようでない」といいましたが、肌はぼろぼろ、髪の毛にツヤがないなど、美容面での努力がないと認められた場合は採用基準に照らし合わせるまでもなく、不採用でしょう。化粧のりがよい肌を作り上げるため、スキンケアは毎日きちんと行うようにしましょう。もちろん、履履歴書に写真を貼付する場合、髪の毛はブラックもしくは落ち着きがあるブラウン系にとどめます。体型はさほど気にする必要はありませんが、身長とのバランスが取れていれば大丈夫です。どんな化粧品を使っても大丈夫な強い肌を持っているか、万が一化粧品で肌荒れした時に対処できるすべを持っているかなどは大きなアピールポイントとなります。できるだけエントリーシートなどのファーストコンタクトの際にどんどん記載していきましょう。

ここでお気づきの方もいらっしゃることでしょう。「面接したい」と思わせる書類作りが大切で、書類審査から次のプロセスへ進まなかったので「採用基準に満たなかった」という噂話が流れてしまうのかもしれません。容姿面でマイナスだと思う要素があっても、「御社の商品で私を変えてください!私自身、変わる努力をいたします」と宣言することもよいでしょう。

それでも、採用基準に少しでも近い自分を作りたいと考えるのが自然です。転職支援サービスを運営する転職エージェントでは、美容業界に精通するキャリアアドバイザーも存在しています。過去に美容部員へ転職した方の傾向や、化粧品メーカーの情報を収集するなどして分析した情報を教えてくれることもありますので、ある程度面接対策を講じることはできるでしょう。

TOP

美容部員の転職の基礎

条件別の美容部員求人

人気メーカーの美容部員求人

求人が多い地域の採用情報


Copyright (C) 2014-2018 美容部員求人ランキング【※正社員の採用先が見つかる】 All Rights Reserved.